旅のプロが秋冬に行きたいところ



「世界遺産」ガイド 長谷川 大のベスト1

 

 

大学卒業後、出版社に勤務。三国志や戦国時代の小説をはじめ、ギリシア神話、幕末ものなど歴史ものを中心に編集・ライティングする。退社後に世界一周の旅に出発。現在は旅行関係を中心に、フリーの編集者・ライターとして雑誌・ネット・TV・講演等で活動中。

 

 

これまでの訪問国数は64か国、世界遺産は158 か所という、「世界遺産」ガイド 長谷川 大さんが選ぶ1位。『屋久島(鹿児島県)』です!

 

 

何といっても天地神秘の競演! 屋久島と金星&皆既月食!今秋冬の注目は、12月に探査船「あかつき」が到着する金星。日本中のプロ・アマ天文家を巻き込んで、金星観測が活発化するはずだ。

 

 

金星は10月上旬までは夕方西の空に見える宵の明星で、日に日に三日月状に欠けていく。11月上旬からは朝方東の空に見える明けの明星で、次第に丸く満ちていく。

 

さらに、12月21日は皆既月食だ。西日本で東に水平線が見える地域では、まっ黒な月が海から上がってきて、満月になりゆく様子が眺められる。

 

 

こんな神秘を大自然の中で見たら感動も増すというもの。ならばいまこそ行きたい世界遺産「屋久島」! 10月からは流星群も数多い。地の大自然・屋久島で、ぜひ天の自然現象を堪能したい。

 

 

問い合わせ先:屋久島観光協会 http://www1.ocn.ne.jp/~yakukan/ または、屋久島観光センター http://www.yksm.com